サステナビリティ戦略

私たち、MCUBSは、投資主価値向上実現のための投資運用活動が、持続可能な社会の実現につながっていることを常に意識し、長期的経営に求められる社会的責任を果たしていきます。

環境憲章の制定

MCUBSでは、2013年6月に「環境憲章」を制定し、環境面における理念と行動指針を定めています。

環境憲章

三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社(以下「当社」といいます。)は、地球が最大のステークホルダーであると認識し、事業活動を通じて持続可能な社会の実現を目指します。

【気候変動】当社は、新技術や新たな仕組みを活用し、温室効果ガスの削減に取り組みます。
【サステナビリティ】当社は、資源の持続可能な利用に努めます。
【生物多様性】当社は、生態系がもたらす様々な恩恵の重要性を認識し、生物多様性への影響を緩和するとともにその保全に貢献します。
【汚染防止】当社は、環境負荷低減や環境保全によって生じる環境価値の創出・向上に努めます。
【コミュニケーション】当社は、環境に関する企業情報を適時・適切に開示し、多様なステークホルダーとのコミュニケーション・協働を推進します。
【コンプライアンス】当社は、環境諸法規を遵守するとともに、国際行動規範に則した行動をとります。

責任不動産投資(RPI)に係る基本方針の制定

MCUBSでは、「責任不動産投資に係る基本方針」を制定し、環境面および社会面への配慮を投資・運用のプロセスに融合させる方針を定めています。

責任不動産投資に係る基本方針 (原文抜粋)

当社の責任不動産投資 (RPI)についての考え方

三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社(以下「当社」といいます。)が、責任を持って不動産を所有管理することは、規制に適合できないリスクや競争力を失うリスクを低減し、入居者や売却先から見た不動産の魅力度を高め、さらに費用を低減することで収益性を向上させ、投資物件の価値を増加させる重要な戦略であると考えます。また、当社のこの戦略は、環境や社会に対して良い影響を与える結果も生むと考えます。
 
責任不動産投資 (RPI:Responsible Property Investing)の考え方は、不動産投資の第一の目標が顧客である投資法人がより優れた収益性を達成することであることを前提として、同時に長期的な観点から社会・環境の側面も考慮に入れようとするものです。当社は、ESG:環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)の要素が今後ますます財務業績に影響を及ぼすという確信のもとで、環境、社会、企業統治 (ESG)への配慮を、投資法人の資産に係る投資・運用のプロセスに融合させます。

当社の使命

投資・運用プロセスにサステナビリティ (持続可能性)と責任不動産投資 (RPI)の考え方を組み込むことで、より優れたリスク調整後リターンを投資家に提供すること。
 
新技術の導入とベストプラクティスの共有を通じて、サステナビリティ (持続可能性)に資する実践を行うこと。 
 
環境・社会面への影響に留意しながら投資法人の不動産の運用価値を増大させることで、責任ある不動産投資、開発、管理を実現すること。
 

当社の責任不動産 (RPI)投資戦略

当社の責任不動産投資 (RPI)戦略は、投資法人の運用プロセスに組み込まれており、全社組織において実行されています。また、この戦略は、取得から、保有期間中のアセットマネジメント、リーシング、リノベーション、管理、そして売却が完了するまでの、所有全期間にわたり実行されるものです。

当社の責任不動産投資 (RPI)に関する開示方針

当社は、責任不動産投資 (RPI)活動について、投資主及びその他のステークホルダーに対して積極的に開示を行います。